2010年05月18日

お勧めの英語の本(3)

今回から初心者からちょっとレベルアップをした
本を紹介していきます。
レベルアップと言っても、まだまだ初心者です。
前回紹介した絵本を読んだと言う方を推定して英語本を紹介します。
英語圏の子供たちなら 小学1年生くらいのレベルです。

Mary Pope Osborne   の  Magic Tree House

読みやすいです。
不思議なツリーハウスを見つけたジャックとアニーの兄妹が
毎回、さまざまな時代や土地に行き、冒険をします。
32冊くらい出版されています。

次は、あの有名な「チョコレート工場の秘密」 の作者
Roald Dahl   Dirty Beast

です。


知能を持った豚の悩み ”Pig”を
含めた9編の短かい物語集です。
話の内容や結末がちょっとこわいものがありますが、
英語力を上げるにはちょうど良い読み物です。

Dahl (ダール)はこのほかに、


もあります。
語数も少なくオールカラーのイラストがストーリーの理解を
助けてくれます。
Quentin Blake のイラストが素晴らしい。

ダールは他にも沢山書いていますので、
読む力がついたらどんどん読んでいきましょう。

Matilda
The BFG
Charlie and the Chocolate Factory
Charlie and the Great Glass Elevator
Danny the Champion of the World
Esio Trot
Fantastic Mr. Fox
George's Marvelous Medicine
The Giraffe and the Pelly and Me
James and the Giant Peach
The Magic Finger
The Twits
The Witches
The Vicar of Nibbleswicke

ダールの作品は、奇想天外なストリー展開と言葉遊びに味わいが
あります。
宗教に対してもやや冷めた視線を見せています。
正義感やおとぼけなど多彩な味わいがあります。
これらを是非原作で味わってください。




posted by ハムハム at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の勉強の仕方