2010年03月30日

英語らしい発音をするために

今回は英語らしい発音ができるヒントを書いていきます。

まずは、一番初歩のアルファベットから。
案外、きちんと発音できる人が少ないようです。

A は「エー」ではありません。「エイ」と 「イ」 をはっきりと言います。

H,J,K も「エイチ」、「ジェイ」、「ケイ」と発音します。
「エッチ、」「ジェー」、「ケー」と言わないように注意して発音します。

は、「エ」 と言って、「フ」 で、上の前歯の先を下唇に軽く当て、強く息をはきだします。
 はその唇と前歯の位置で、声を出します。
は上の前歯の先と下唇を使った摩擦音です。

 は以前書いたように、下の前のほうを
上の歯茎の裏側につけて、「ウ」と声を出します。

 は唇をしっかりと閉じ、「ン」と鼻から声を出します。
「エンム」という時、「ム」で閉じた唇を開けるときれいな音が
出せます。

 は唇を少し開けて、舌の先を上の前歯の
裏側にしっかりつけ、「ンー」と鼻から声を出します。
「エンヌ」と発音します。
M の発音と違うところは、唇を閉じないことです。

 は「アール」と発音をしません。
正しくは、「アー」です。
あまり口を大きく開けないで、のどの奥のほうで 「アー」と
言ってみましょう。下あごがつき出るくらいに意識して音を
出します。

以上の音に気をつけて、アルファベットを発音してみてください。
何回も何回も練習をして正しい音をマスターしてください。
posted by ハムハム at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の勉強の仕方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36764029

この記事へのトラックバック