2010年04月07日

英語らしく発音するために(5)

今回は[th]の音です。
この音は、日本語にはないので日本人にはかなり難しいと思います。
しかし、何事も慣れです。発音の練習もスポーツと同じです。
体が覚えるまで、何回も練習をしてみましょう。

[th]の音は、両前歯で舌の先を軽く噛みます。噛んだままの状態で
「スッ」
と息を吐き出しながら、舌を引っ込めます。
この息だけの、音無しの音が[th]です。

「シッ」の音にならないように気をつけましょう。
どちらかというと、「スッ」の音に近いです。

think は「スィンク」と発音します。
「シンク」ではありません。
「シンク」と言ってしまうと、 sink ((沈む)と思われてしまいます。

I think (私は思う)と言いたいのに、
I sink (私は沈む)と言っている日本人がほとんどです。

では、両前歯で舌の先を軽く噛んで次の単語を発音してみましょう。

think, thank, theater, thin, thick, thistle, thought

次は[th]の後が後ろにくる単語です。

birth, mouth, worth, tooth, teeth, south, month

次は、同じ[th]の音ですが、今度は声を出します。
両前歯で舌先を噛んで、「ズッ」と声を出します。
声を出しながら、舌を引っ込めるようにします。

the は、「ザッ」よりも「ダッ」と言ったほうが[th]の
音に近いでしょう。

では、練習をしてみましょう。

the, this, that, these, those, they, theme, there[th]が真ん中に来ます。

although, together, another, neither, either, mother

鏡を見ながら、発音練習をすればいいでしょう。


posted by ハムハム at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の勉強の仕方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36941683

この記事へのトラックバック