2010年04月08日

英語らしく発音するために(6)

今回は、[r]を含む母音の発音です。
日本語にはない音なので、日本人が苦手な発音でしょう。

この[r]を含む発音は以下のスペルで表わされる単語です。

or er ir ur ear 等です。

発音の仕方は、口を横に強くひき、「エアー、イアー、オアー」
と言いながら、舌先を内側に丸めていき、のどの奥のほうで声を出します。
このとき、片手であごを上に持ち上げて発音してみればうまくできます。
日本語の発音ではあまり使わない筋肉を使って発音をするので
かなり疲れるはずです。

単語を書きますので、発音練習をしてみてください。

work word more shore score world worth worm

hers term perm germ nervous concert

girl third bird thirsty circle whirl

church return fur hurt Thursday purse


ear hear year near early learn heard

如何でしたか? あごに力を入れて発音しましたか?

ちなみに、「心臓」 のハート[heart]と
「聞く」 の過去形のハード[heard]は
同じ音ではありません。

[heart]は口を大きく開けて、「ハート」と発音しますが、

[heard]は[hurt]のように[r]を含む発音になります。
「ハード」ではないのです。
のどの奥で声を出し、このとき、おなかも引っ込んでいれば
似た音が出せています。























































































posted by ハムハム at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の勉強の仕方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36957949

この記事へのトラックバック