2010年04月13日

英語は語彙力です。語彙を増やしましょう。

今回は語彙=英単語を増やす方法についてです。

英語は語彙力が勝負です。
語彙力がないと、英語を聞いている時、話をしている時、
わからない単語が沢山出てきても、何を言ってるのかさっぱりで、推測することも出来ないし、理解することもで出来ません。
語彙力を高めると、英語の世界がどんどん広がっていきます。

語彙力を増やすちょっとしたヒントをあげてみましょう。

[oo] という[o]が二つある単語は、
「ウ」あるいは「ウー」と発音します。
まずは、「ウ」の音からです。

look  took   book   cook   foot   soot   hook

「ルック」「ツック」「ブック」「クック」「フット」「スット」「フック」と読みますね。

次に、「ウー」の音です。

boot  root   food  moon  loon  tool  cool  pool  racoon

「ブート」「ルート」「フード」「ムーン」「ルーン」「ツール」「クール」「プール」
「ラクーン」と読みます。

ちなみに、food は、「フード」、hood は、「フッド」と発音します。
[f]と[h]が違うと、読み方が変わります。
英語は書く文字と発音が違うので、要注意です。

「ウ」と「ウー」の発音のルールに、二つほど例外があります。
それは、
[blood]と[flood]です。「ブラッド」「フラッド」と発音します。
しかし、例外は不思議とこの二つだけです。覚えてしまいましょう。

アルファベットの[c]は、[k]と[s]の二つの発音を
含んでします。

[k]の音は、[cat][cup][camp]等です。

[s]の音は、[city][center] 等です。

[c]も単語をスペリングする時にルールがあります。

[c]の後に、母音の[e][i]がくると、その音はすべて
[s]の音になるというルールです。
それ以外の母音、「a」「u」「o」はすべて[k]の
音になります。

例えば、

center censure census century cell cease [e]
circle circus city citizen civic civil [i]
すべて [s]の音になっています。

cat cap can car card cake case [a]
cup culture curry cute cub cut  [u]
cop coat court cool cold course [o]
すべて [k]の音ですね。

このルールも簡単ですから覚えてしまいましょう。
posted by ハムハム at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の勉強の仕方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37071016

この記事へのトラックバック